読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・芋の山急行工事現場より

国内外の遠征記録とか模型とかいろいろ

増え続ける利用者だけど・・・

鉄道

今回KCJ(Kai Commuter Jabodetabek)の営業路線区間を乗り通しましたが
明らかに最初の頃とは違う変わり方してます
屋根上乗車が居なくなったとか、物売り
車内で演奏するとか、そういった物もそうなんですが
利用者が以前(3年前)より格段に増えていること

(Stasiun Bekasi)
メインのジャカルタコタ〜ボゴール,ブカシは勿論の事
以前の資料から全体の利用者の数パーセント位だったセルポン、タンゲラン線も
どの時間帯も混んでいたのは変化が見れた事でした




(Stasiun Manggrai)
しかし
・電車の座席の取り合いするために並ばず乗車
・降り人が先というマナーステッカーが貼ってあるにも関らず関係なく乗ってくる
・座ったら座ったで足を広げて一人当りの占有を取りすぎている
・中には7人かけの所、無理やり8人座っていた
・駅では電車が入線してきているのに無理に渡ろうとする
(しかもPKDをふりきって)
・無理に渡ったためにレールにつまずき転んで、危うく人身事故の手前だった
(これはPKDとまわり乗客で助けたため事なきを得た)
インフラとか色々改善点もあるでしょうけど、まず利用者の意識が変わらないと
いつまでたっても変わらないでしょうね


いつか行くときにこの点が変わっていることを期待したいです