読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・芋の山急行工事現場より

国内外の遠征記録とか模型とかいろいろ

世界が狭いにも程がある(田井中律)

05系に乗車し、そのまま終点のジャカルタコタ駅まで行こうかと
のんびりしてたが、マンガライ駅に着く寸前で気持ちが変わり
気楽でマンガライ駅で下車
ホームから降りてボゴール、ブカシ方面の開けた場所へ行き撮影開始

思いっきり副都心線カラー化した203系とか

未だに地下鉄車両が走っているとは思えない
東京メトロ7000系を撮影


先日の同じ様にビデオを撮りっぱなし撮影しようとセットし
10分も経たないうちに雨雲がせまり、小雨が時々降ってきたり
あまり天気としては安定してない状況でした
そんななか駅方向から2人組がこちらに向かって歩いてきました
一人は現地の子供、もう一人は日本人で挨拶し
話を聞いていくと、アジア一帯の都市鉄道を扱った
HP「西船junctionどっと混む」のPierre2427さんでした
しかもYouTubeのチャンネルを登録してくださっているとの事で
とてもありがたいことです(^^)
更に宿も同じイビスマンガドウアで一つ階下だとか(笑
う〜ん、律ちゃんの台詞を借りるなら「世界が狭いにも程がある」(爆




陽が暮れるまで一緒に撮影しまくり
あっという間に時間が過ぎてしまいました



もっと撮影をして行きたかったですが、時刻は現地の18:30すぎ
日曜日の日本時間21:30と言えば「丹下桜のRadio・ala・mode」
(前回の遠征でもギリギリで聞いたような)なので
お別れをして宿に向かいました
短い時間でしたがPierre2427さんありがとうございました


マンガライからジャヤカルタまで乗車したのが
東急8500系8612Fなんですが、マンガライで撮影した
8610Fには種別に編成番号を表す「8610」
行き先表示機は現地幕(参考までにBOGORの画像)


いつまでも末長く使ってもらいたいものですね


ジャヤカルタ到着後、ジャカルタコタから05系が到着
そして直ぐに来た後続の05系を撮影


ジャヤカルタ駅〜ホテルの間には市場がでており
非常に賑やかでした。何か買いたかったけど・・・笑


けいおんとは関係ないのに結構繋がりがある旅
ホテルイビスマンガドゥア


よもや約半年後に本当にロンドンまで遠征するとは
思いもよらなかった・・・(爆笑)


つづく