読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・芋の山急行工事現場より

国内外の遠征記録とか模型とかいろいろ

3回目にして初

前回の後日談よりだいぶ経ってしまいましたが
約一ヵ月後に控えた八丈島遠征、年末のロンドン遠征が迫ってきてますので
ボチボチ書いていくとしますか・・・記憶がトンでしまうまえに(え?


ジャティネガラ駅のホームからジャカルタ方を見ると
跨線橋が掛かっており、たぶんここから撮ればジャティネガラ駅
を一望できるだろうなと考えておりました
前回(2011年5月)の遠征でこの跨線橋へ行こうと
駅前の通りを行きましたが、どこへ行けば橋へ出れるのか
さっぱり不明で、結局アキラメロン・・・諦めなきゃなりませんでした
線路沿いを歩き、跨線橋がある方へ行き階段を登りますが
サビでボロボロ、下手すりゃ崩れかねないものでした
橋の上に行くと思ったとおりジャティネガラ駅を一望できました


東京メトロ05系(ジャティネガラ駅) KCJ tokyometoro seri05 di stasiun jatinegara


反対側にはインドネシア国鉄の機関区
(ジャティネガラにあるからジャティネガラ機関区?)があり
機関区と駅の側線、中線と行き来する機関車を見ることができます

日本の機関区ではあまりないターンテーブルもあったりします
このジャカルタ遠征では主に日本からの譲渡車両を取材対象
としてましたので、機関車は二の次になってしまいます
・・・が日本では機関車が客車を牽引していく姿も捨てがたいものです


時間があればジックリ機関車についても取材したいものですね


駅へ戻ろうとそのまま通り方面へ出て、トランスジャカルタが走っているのを
見たので何とかマンガライやガンビル方向に出れないか
路線地図を見たのですが、途中で乗り換えが必要であり
(「映画けいおん!」の澪の台詞「直接行けそうにもないな」と同じ状況)
間違えて知らない方向(タンジュンプリオクの名前もあった)へ
行ってしまう可能性もあったので、止めておきました


駅前のコンビニで水を確保し、ジャカルタ方面の電車に乗り込みました
つづく